HISTORY

H O N I Y A

1980年、「スタジオタマゴ」という名前の
小さなセレクトショップからスタートしました。

「スタジオタマゴ」では海外から取り寄せた
雑貨などを中心に取り扱っていました。

そのお店の一画でオリジナル子供服を
つくったことからほにやは始まりました。
その子供服は高知の伝統的な織物
「土佐紬(つむぎ)」を使ったものでした。

「土佐紬」は今では作ることが出来なくなった紬です。
綿でつくられたその紬は、
昔から高知のお百姓さんが仕事着として使っていた
優しい肌触りの素材です。

当時、西洋文化にあふれていた私たちの生活の中で、
昔から日本で使われていた素材や着物の魅力を
改めて見つけることができました。

服や食器、家など
私たちの生活は西洋文化が多く占めています。
和にとらわれない、自由な和をベースとし、
今の生活の中に“和の持つ楽しさ”を
提案するオリジナルブランドです。

-よさこい祭りとほにや-

よさこい発祥の地、高知。
神様のいない自由なお祭り。
そんな高知らしい自由な形が全国、
海外に広がっている理由だと思います。

踊る人も見る人も楽しめるよさこいを創りたいと、
ほにやは1991年からよさこい祭りに参加しています。

自由が生まれた高知、自由な祭りがある高知、
自由な和を提案するほにやが高知で生まれたのも
決して偶然ではないのかもしれません。

ほにやのよさこい